2017 Kids Dolphin Camp  7/25(火)ー29(土)

東日本大震災から6年。大人が作った原子力発電によって、外で思いっきり遊ぶことのできなくなったこども達に元気になってほしいと始まったドルフィンキャンプ。四年目となる今年は、枠を広げて様々な原因により自然の中で遊ぶ機会がなくなっている全てのこども達と一緒イルカの大冒険に出ます。

 

太古の自然の残る御蔵島に滞在して、青く透明な海の中でイルカと泳ぎ一生忘れないような物語を一緒に作ろう!

Art by Natalija Ribovic

Art by Natalija Ribovic

日程/Date: 7/25 - 29, 4泊5日/4nights 5days

参加者/Participants: 13/Children (小学校3年ー6年, 3rd - 6th grade students)

場所/Place: 御蔵島/Mikura Island, Japan

集合場所/Meeting place: 竹芝桟橋/Takeshiba Ferry Terminal, Tokyo

集合時間/Meeting time: 21時30分/9:30 p.m.

Day 1 (7/25): 22時30分竹芝桟橋より出発。船内でドルフィンオリエンテーション・就寝

Day 2 (7/26):早朝三宅島到着。スノーケリングレッスン、ネイチャーワークショップ  

Day 3 (7/27): 山歩き、トーキングサークル、ドルフィンスイム、星空観察、キャンプファイヤー

Day 4 (7/28): ヨガ、ドルフィンスイム、バーベキュー、夢の発表、歌と踊りの宴。

Day 5 (7/29): ヨガ、島の神様に感謝ウォーク。昼、三宅島出航、夜、竹芝桟橋着

 

Day 1 (Jul. 25): Departing from Takeshiba Port in Tokyo at night.  Dolphin slide show and workshops in the ferry to Miyake Island. 

Day 2 (Jul. 26): Arriving in Miyake Island in the morning. Morning yoga, snorkeling practice, nature workshop.

Day 3 (Jul. 27): Morning yoga, hiking to the mountain, star watching night walk

Day 4 (Jul. 28): Morning yoga, dolphin swim, drawing their imaginary dolphin on a huge white sheet, presenting shadow picture in campfire, presentation of experience in the island, music and dance. 

Day 5 (Jul. 29): Morning yoga, visiting the view point in the island and thank to the god of island, catching ferry back to Tokyo. Arriving Tokyo at night.  

2017ドルフィンキャンプ参加者募集

募集要領:2017ドルフィンキャンプでは、小学3年ー6年の参加者を募集いたします。特に、自然と触れ合う機会がなくなってしまったこども、様々な理由で海で泳ぐことが難しくなったこどもを募集します。25m以上泳げることが望ましいです。参加希望の方は、名前、年齢、住所、参加希望理由(参加するこどもの意見と親の意見)を明記の上、futurekidsadventure@gmail.comまでメールしてください。選考させていただいてから参加決定連絡をさせていただきます。質問などもお気軽にご連絡ください。定員:13名 応募締め切り:6月10日  参加決定連絡:6月20日

  • 参加資格:小学3〜6年生
  • 望ましい条件:25m以上泳げる。※野生のイルカと泳ぐ場所は水深3mー5mあります。ライフジャケットを使用しますが、ある程度の泳力が必要となります。
  • 定員:13名
  • 参加料金:3万円 (福島支援制度として、福島在住のこどもは2万円)
  • 料金に含まれるもの:船代(竹芝桟橋ー御蔵島往復)、キャンプ中の食事(最終日の船の中の夕食を除く)、ドルフィンスイム代、スノーケリングレッスン、プログラム代、保険代
  • 料金に含まれないもの:竹芝桟橋までの交通費、最終日の船の中での夕食(船内にレストランがあります。)、キャンプ中のおやつ代 

2014-2016年の過去のドルフィンキャンプの写真がGalleryにありますので、参考にしてください。

Photo by Tetsuo Nakahara

Photo by Tetsuo Nakahara

Our Story

福島キッズドルフィンキャンプは、福島第一原発事故により放射能被害によるストレスの影響を受けているこども達のための保養プログラムとして、2014年から始まりました。

2011年3月11日の東北大震災と津波によって、福島第一原発は破損し、それ以降、様々な形で放射能漏れが続いています。2016年1月14日現在、自主避難含め9万9000人とされるの福島の人が未だに避難生活を強いられいます。もちろん、原発からの距離や、地理的な状況で放射能レベルの違いはあるのですが、多くの人が放射能の被害の恐れに直面しているのが現状です。

私達が出会った福島の家族の中には、震災後、窓を開けて空気の入れ替えができなくなっと話していた人もいました。かつて遊んでいた海も、もう泳げなくなってしまいました。

こういった状況でどうやってこどもは遊ぶことができるでしょう?

そこで、私達は、こどもの人生の指針となるようなポジティブな経験をさせてあげたいと思い、2014年よりドルフィンキャンプ保養プログラムを開催することを決意しました。

御蔵島って?

御蔵島は東京から200km離れた伊豆七島の一つです。東京竹芝桟橋から8時間の船旅です。周囲16km/面積21平方km/人口約280人の御蔵島には野生のイルカが約150頭程生息しています。御山を中心に連なる山々は雄大で、山から流れる豊富な水源をもつ島です。豊かな山から海へと流れる水は、良質な栄養分となり魚が豊富となり、その魚を求めてイルカが集まります。素晴らしい循環ができています。黒潮に侵食され続けてきたその島影は、まさに神の島と言っても過言ではないでしょう。御蔵島のバンドウイルカ達は、島の周りを毎日泳いでいます。こどもイルカもたくさんいます。ちょっぴりシャイで優しいローカルの方々にも毎年お世話になっています。

Our Story

Fukushima Kids Dolphin Camp was started in 2014 to support children in Fukushima who are under the stress from radiation exposure fear from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.

Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant was damaged by Great Tohoku Earthquake and Tsunami March 11 in 2011, and has leaked radiation since then. As of Jan. 14 2016, while there are still 99,000 people evacuated from Fukushima. Even though, the radiation level can be varied from the landscape and the distance from the power plant, they are always facing the danger of radiation exposure. And innocent children in Fukushima are suffering from the fact that they can not play outside or ocean as much as they used to. 

Some of the family we met told us that they can’t leave the window open to change the air because of the radiation fear. Or some children put the radiation level checker on their backpack as they go to school.  They cannot swim in the ocean as they used to…

How can children play in those situation?

So, we decided to organize a dolphin camp to give a positive experience of their life.

We believe that it is essential for children to play outside in the nature. Children learn from nature, they make friends through nature and they grow in the nature.

This camp will give an opportunity to children to play in the wilderness in Miyake Island, which is located 180 km off shore from Tokyo. Children will camp out on the beach and play in wild nature. Then, they take a boat to Mikura Island to encounter with wild dolphins where about 150 friendly bottlenose dolphins inhabit the coastal water off Mikura Island. 

During this camp, they will also experience various nature activities that allow them to play in the nature without any fear including snorkeling, hiking in the mountain, yoga and star watching.

They will experience what nature can provide to us.  And we believe this camp will help them to grow in deeper level for their bright future.

For more latest Fukushima news: http://fukushimaupdate.com/ (FUKUSHIMA UPDATE)


Photo by Tetsuo Nakahara

Photo by Tetsuo Nakahara

Dolphin Therapy:

イルカセラピー:イルカは心を癒してくれるきっかけとなります。

イルカと泳ぐことはさまざまな治療効果として、古代からの力強いエネルギーとの触れ合いであり、自然と一体になるという純粋な恍惚感を味わうことができる体験だといわれています。また、こども達にとって困難な時代を強く生き抜いて行けるきっかけになるような力強く貴重な教育的体験であると考えます

イルカセラピーでは、イルカと一緒に泳いだり、遊んだり、声を聞いたりする行為を通して、心からリラックスし、ストレスを和らげることによって得られるセラピー的効果が期待できます。例えば、学習障害、自閉症、多動症、失読症のこども達にイルカの声を聞かせると学習と行動に劇的な改善が見られる事が証明されています。これは、水中で聞こえる音が、母親の胎内での感覚を目覚めさせ、あらゆるストレスに対する耐性や、知力、活力を高めるためだと考えられているそうです。

Dolphin therapy:

Dolphin therapy was started in the early seventies by Dr. Betsy Smith, an educational anthropologist who noticed therapeutical effects of dolphins on her disabled brother. The study has been developed over years, and many centers and various dolphin therapies are opened worldwide.

It is believed that dolphin can help alleviate some symptoms associated with children conditions by enhancing their healing process. Samples of blood analyzed before and after swimming with dolphins showed that after swimming with them, there is a change of hormones, endorphins and enzymes as well as T-cells.  There is ongoing research in universities and research centers but the evidence that dolphin therapy works remains anecdotal.

One of the reasons can be therapy in a pleasant environment. Encounters with dolphins evoke a deep emotional response and trigger the release of deep feelings and emotions. It is believed that children are more responsive to the therapy because they play in a pleasant environment.  It has been suggested that dolphins can sense areas of disability and physical trauma in the human body.

Another is the dolphin sound. According to research, swimming with dolphins can create physiological cell and tissue change in the body. Dolphins have a natural sonar sounds, they emit ultrasound wave to locate things and to communicate. This process is called “echolocation”. Sounds emitted by the dolphins are so intense that they can cause “cavitation”. They create holes in the molecular structure of fluids and soft tissues. It is believed that the dolphins’ signal frequencies can have a profound effect on the human brain by modifying the brainwave activity. Results of EEG test carried out on people who experienced the echolocation showed that the dominant human brain frequency drops from beta to alpha.

It is also reported that both sides of the brain enter into synchronization which means there is a far better communication between the left and right sides of the brain. This is an uncommon neurological state, which is typically associated with heightened awareness and increased learning ability

Some of the results from dolphin therapy:
· Strong emotional change
· Children calm down
· Improved communication
· Increased attention span
· Increased confidence and self-esteem
· Better co-ordination
· Better eye contact, smiling, laughing, touching
· Better immune system.